お仏壇を綺麗にしたいと思ったら、専門の業者にリフォームを依頼する事になります。徐々に作業をしてくれるところも増えていますが、一概に全て同じ作業というわけではありません。完全な修復作業になる場合もあれば、用意できる予算、仏壇の傷や色落ち具合などに応じて部分的な修繕の対応などもしてくれます。また、仏壇そのものも唐木や金など種類が違うと必要な作業も違ってきますので、相談する時には自宅の仏壇がどのようなタイプなのかも見ておくといいでしょう。どこまでの作業が必要になるのか分からないという方もいるでしょうから、気軽に見積もりや問い合わせをしてみて下さい。長く大切にしていくものとなりますので、家の仏壇の状態に合う作業をしてもらう事が大切なポイントとなります。

どこまで綺麗にしてもらうのか考えてみたい

お仏壇のリフォームをしたいと思うきっかけはいろいろですが、親類から受け継いだ時もあれば、自宅を新築するからそれに合わせて綺麗にしたい、皆で集まる大きな法要があるなど目的も様々です。その為、どこまで綺麗にしたいのかということも依頼する前に考えておくと話もスムーズです。小さな傷が気になるだけというのであれば、部分的な修繕で済むでしょうし、かなり長く手を合わせてきたというのであれば、塗り直したり金具を取り替えるなど、細かな部分も直していくぐらい大掛かりな修繕が必要になる事もあります。自分たちではどこまでの修繕でいいのか判断しにくいと思うのであれば、業者に状態を相談して見積もりも出してもらいましょう。複数の業者でやってもらうと、よりどこまでの作業でいいのかも分かりやすくなります。

作業内容によって費用や期間も変わります

お仏壇のリフォームを考えている時には、どこまで作業するかでかなり費用や期間が変わってきます。部分的、そして小さな範囲なら価格も安く早く終わりますが、本格的に全部修復をするというような作業となれば、早くても1~2ヶ月ほどの期間を要します。また、唐木仏壇や金仏壇など、仏壇の種類の違いでも作業費用は変わってきます。小さめでも約60~70万円、大きくなると100万円を越すような作業になる事もあるので、きちんと業者には見積もりを出してもらう事は必須と言えます。もしも家族の行事などに間に合わせたいと思っているのであれば、早めに作業を進めていくことが重要です。仏壇は家族を見守ってくれるような存在でもありますので、傷みが酷くなってきたように感じたら早めに綺麗にしましょう。